So-net無料ブログ作成

震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査−内閣府など(時事通信)

 大地震発生時でも業務が続けられるよう十分な食料備蓄や職員の参集体制を整えている市区町村は全体の約6%、99団体にとどまっていることが内閣府と総務省消防庁の調査で23日、分かった。都道府県でも10団体に過ぎず、自治体で業務継続体制の整備が進んでいないことが明らかになった。
 調査は全自治体(1795市区町村と47都道府県)を対象に昨年11月に実施。首都直下地震を想定した中央省庁の業務継続計画の基準にある▽全職員対象の参集計画▽継続が必要な業務の選別▽職員向け食料備蓄(3日分程度)−ができているかどうかを聞いた。 

ホテルに3人組、400万円奪う=従業員縛り逃走−埼玉(時事通信)
彼女の酒乱にキレて殴り「逮捕して…」と110番(スポーツ報知)
Kiss−FM前社長「エフエム東京主導の株主総会は無効」(産経新聞)
【Web】使ってみたアンドロイド携帯「ディザイア」(産経新聞)
物品購入で不正経理3295万円=09年度会計監査まとめ−警察庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。